2021/02/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』2月号)

2021年2月1日発行の『訪問看護と介護』2月号(医学書院発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳と川口有美子さんとの対談「『死なせる』議論より、ずっと手前の話をしよう~ACPにアドボカシーとエンパワメントを」が掲載されました。

昨年、京都市内のALS患者の女性に対する嘱託殺人の疑いで2人の医師が逮捕された事件を足掛かりに、本人の意思、意思決定支援の在り方について語り合いました。


在宅医療では、その人の残された時間やできることに制限はあっても、「いい人生だった」と思えるようにしていくかかわりが求められます。神経難病であっても「自分が生きている感覚」を取り戻し、楽しく過ごされる方を目の当たりにしてきただけに、今回の事件から、生きやすい社会をつくるための働きかけについて考える必要性を感じました。


過酷な状況において「死にたいと思う気持ち」を支持することを考えるより先に、そのような状況であっても「生きたい」と自然に思え、生きていくことができるような環境整備をまず行うべきではないか。「安楽死の制度をつくろう」という前に、病気や障害とともに生きられる社会に転換しなければならないと考えます。


ぜひお読みください。

https://www.igaku-shoin.co.jp/journal/detail/39772





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

ウェブインタビュー記事公開のお知らせ 新型コロナウイルス感染症は、いまだ人々の生活や心に恐れや不安といった影を落としています。 この長期的な闘いを支えるべく、READYFORは公益財団法人東京コミュニティー財団と協同で、2020年4月に「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」(コロナ基金)を設立。広く寄付を募ってきました(12月31日をもって終了)。 そして1月8日、約9ヶ月間走り続けたコロ

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.