2021/02/03

ウェブインタビュー記事公開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症は、いまだ人々の生活や心に恐れや不安といった影を落としています。

この長期的な闘いを支えるべく、READYFORは公益財団法人東京コミュニティー財団と協同で、2020年4月に「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」(コロナ基金)を設立。広く寄付を募ってきました(12月31日をもって終了)。


そして1月8日、約9ヶ月間走り続けたコロナ基金の助成報告もかねて、オンラインイベントを実施。第1部では、「どこまで続く新型コロナ、ワクチン? 社会的影響は?」と題し、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳を含むコロナ基金有志の会・専門家チームより4名の専門家がインタビューに答えました。


ワクチンの安全性と有効性はどうなの?

ストレスをどう対処したらいい?

「コロナの収束」とは、どのような状態を指すのか。


みなさんが抱く不安や疑問に、医療や看護、災害支援の現場を知る専門家が答えています。


ぜひご一読ください。

hhttps://blog.readyfor.jp/n/nc24bb7378ffe?fbclid=IwAR2nazD3mES-f21HnioNPHZpTvuN_Dnqh2cYOknFD8Ztig6VjCCTGkTn70I

最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.