2021/02/12

記事掲載のご紹介(『週刊金曜日』1316号)

2021年2日12日発行の『週刊金曜日』1316号(株式会社金曜日発行)の「2021年、新型コロナとどう闘うか シリーズ医師に聞く」におきまして、「在宅医療の高齢者を守るため 私たち一人ひとりにできること」をテーマに医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。


新型コロナの影響で、これまでがんばって通院したり入院したりしていた人が、在宅医療に切り替えています。「病院で家族と会えずに死んでいくのだったら、家に帰ったほうが幸せではないか」と判断した人が多いのでしょう。自宅で家族に見送られて旅立たれるケースも増えました。


病床を増やしたり、接触追跡をせずにPCR検査を拡大したりした結果、感染が爆発してしまった海外の例が示すように、感染拡大を防止するためには、保健所のキャパシティがオーバーしない程度の接触追跡が重要となります。


わたしたちが訪問医療で診ている患者さんは高齢で、たくさんの病気のある人ばかりです。死亡リスクの高い高齢者への思いやりをもって行動していただけるといいと思っています。


ぜひお読みください。

http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/003183.php




最新記事

すべて表示

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

2021/3/20

記事掲載のお知らせ(『介護ビジョン』4月号) 2021年3月20日発行の『介護ビジョン』4月号(日本医療企画発行)におきまして、第3回介護ビジョン版介護給付費分科会最終レポート「介護を考えることが新しい社会をつくるカギとなる」が掲載されました。2020年10月、11月に続き、今年2月に開催された最終回での議論が紹介されています。 事務局が提示したシナリオ案は、 A:社会関係資本は構築されており、社

2021/03/19

ウェブ掲載のお知らせ(「がんナビ」) がん情報サイト「がんナビ」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 がんの患者さんでも、40歳以上であれば介護保険による在宅医療を受けることができますが、介護保険の申請には時間を要します。いざというとき慌てなくても済むよう、がんの特徴や、介護保険の申請を考慮すべきタイミングについてお話ししました。 申請の目安としては、体重の

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.