2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号)

2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。


日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるためには、広義の“住まい”である高齢者施設の、理解と協力が不可欠です。施設運営者が看取りを行える場にしていこうと決意し、職員に向けて発信すること、さらにチームにリーダー的存在の人がいることが重要となります。


介護職の専門性とは、人生の最期の段階にあっても生活を支援できることだと思います。この人の生活をわかっている自分たちこそが、この人のためになる、根拠ある判断ができるという自信を持つ。医療についても勉強し、医療従事者と共通言語で意思疎通を図れる――。このような介護職がイニシアティブをとる施設が、利用者にとって好ましい環境だと考えます。


後半では、ACPや、介護のアウトカムについても触れました。


ぜひご一読下さい。

https://www.roushikyo.or.jp/index.html?p=we-page-menu-1-2&category=19325&key=21768&type=contents&subkey=364613




最新記事

すべて表示

2021/09/09

東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供開始のお知らせ(9月9日) 医療法人社団悠翔会は、東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供を担います。 東京とは、新型コロナの病床ひっ迫を改善するため、本日9月9日から、品川区の「船の科学館」敷地内に、医療機能を強化した宿泊療養施設を設置します。 この施設には新型コロナ患者を37人収容でき、血中酸素飽和度などが常時モニタリ

2021/09/06

記事掲載のお知らせ(「日経メディカル」9月6日) 2021年9月6日、日経メディカル「三和護が迫る『COVID-19の核心』」におきまして、「コロナ患者の往診に、1日で1600万円超の支援金」として、医療法人社団悠翔会が現在行っているクラウドファンディングをご紹介いただきました。 9月3日の開始から1日足らずで1600万円を超える支援金が集まったことについて、理事長・診療部長の佐々木淳の、「自宅療

2021/09/05

記事掲載のお知らせ(「アピタル」9月5日) 2021年9月5日、朝日新聞「アピタル」にて、「コロナ自宅療養者救え 在宅医療専門クリニックが資金集めて往診対応」が掲載されました。 医療法人社団悠翔会が9月3日に開始したクラウドファンディングでは、募集開始後すぐに目標額を達成しましたが、首都圏の各地域で、病院が逼迫した状況は当面続くでしょう。自宅療養を余儀なくされる人、特に入院ができない中等症以上の人