2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号)

2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。


新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大との闘いの最前線にいるとの認識をもちつつあります。これまで「慢性疾患の管理」が主であった日本の在宅医療の世界に、「急性疾患の治療」という新たな役割を与えるきっかけになるのかもしれません。


実はフランスやイギリスなどの海外では、在宅医療の主たるミッションは急性期の管理です。自宅での急性期治療を在宅医療、慢性期や老年期を在宅ケアが担うかたちになっており、主に訪問看護師が、その担い手の主役となります。医師は彼らからの報告を遠隔で受けつつ、指示や助言を行い、必要があれば往診します。


安定した軽症患者に手厚い訪問診療を行う一方、急性疾患に対しては容易に入院を選択する日本の在宅医療は、果たしてこのままでいいのでしょうか。新型コロナのパンデミックは、在宅医療・ケアの今後を中長期的視野で考えるよい機会になったと思っています。


ぜひお読みください。

https://www.koureisha-jutaku.com/




最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利