2021/03/19

ウェブ掲載のお知らせ(「がんナビ」)

がん情報サイト「がんナビ」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。


がんの患者さんでも、40歳以上であれば介護保険による在宅医療を受けることができますが、介護保険の申請には時間を要します。いざというとき慌てなくても済むよう、がんの特徴や、介護保険の申請を考慮すべきタイミングについてお話ししました。


申請の目安としては、体重の減少がみられた段階や、合併症の治療が必要になった段階を提案しました。最初は、介護用ベッドやエアマット、手すりなどの福祉用具を利用するだけでもいいでしょう。


また、早い段階で、がんの患者さんのケアに慣れた訪問看護ステーションに訪問看護を依頼しておく利点についても述べました。がんの患者さんの訪問看護は、健康保険で利用できます。訪問看護ステーションとつながっておけば、身体機能が急に低下したときにも慌てずに済みます。


ぜひご覧ください。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/202103/569478.html

最新記事

すべて表示

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で

2021/04/06

入学案内パンフレットへのメッセージ掲載のご案内 学校法人滋慶学園東京福祉専門学校の「IT医療ソーシャルワーカー科」入学案内パンフレットに、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のメッセージが掲載されました。 同校は2022年4月に、IT×医療×ソーシャルワークでよりよい社会や生活をつくるスペシャリストを養成するための、「IT医療ソーシャルワーカー科」を開講予定です。実践的な学びで、卒業までの

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.