2021/04/01

記事掲載のご案内(『おはよう21』5月号)

2021年4月1日発行の『おはよう21』5月号(中央法規発行)におきまして、医療法人社団悠翔会でも勤務する管理栄養士・森田千雅子の取材記事、在宅特集「ヘルパーが知っておきたい嚥下障害の予防」が掲載されました。


高齢者の嚥下状態の変化を見逃さず、安全に食べるためにはどうしたらいいのか、利用者の飲み込みの状態を確認するポイントや、嚥下機能の低下を防ぐ正しい姿勢・口腔体操・食事介助について解説しています。


また、嚥下力が衰えてきた利用者宅に調理で入ったときに気をつけたい、嚥下しにくい食材の特徴と、嚥下をサポートする調理例についても説明しました。のどに詰まらせないよう、①絹ごし豆腐やマヨネーズで和える、②とろみをつける、③やわらかくする、の3つを、利用者の咀嚼力に合わせて調整しましょう。「食べる」楽しみを継続するためのたくさんのヒントを盛り込みました。


ぜひお読みください。

https://www.chuohoki.co.jp/magazines/ohayou21/20210501000000.html?fbclid=IwAR079J68Ml_U4zJ1SjpVU_Tz38vSW0emuadYvXH4M8HIWRGfrC-hNwOxCTA




最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利