2021/04/30

記事掲載のご案内(『Better Care』No91)

2021年4月30日発行『Better Care』No91(芳林社発行)の特集「最期まで、おいしく食べる」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のインタビュー記事「高齢期から終末期へ向かう時期には 食べることは『栄養』から『生活』になる」が掲載されました。


2006年の開業前に「食べる」支援と出会った佐々木は、歯科医や栄養士を早期から採用し、実際にケアをする人たちも巻き込んで、食べることや飲み込みのコツ、栄養管理の重要性などを啓発してきました。


「食」には、栄養やカロリーといった栄養管理としての面と、「食べる」という生活の質にかかわる面との二面があります。栄養指導は終末期に近づくほど、食べられるように調理法を工夫し、生活の質を高めることへとシフトしていきます。「食べること」は患者さんにとってチャレンジするきっかけにもなり、チャレンジしたい意欲がある人には、リハビリテーションがその力となります。そのために必要となるのが、摂食、嚥下、栄養、リハビリのチームなのです。


ぜひお読みください。

https://bettercare.jp/



最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利