2021/05/01

24時間対応の在宅医療提供体制の確保に向けて、沖縄県に在宅医療専門のクリニックを開設/首都圏にて2クリニックを運営支援

医療法人社団悠翔会は、2021年5月1日、高齢化と医療過疎の進む沖縄本島・南部地域に在宅医療専門クリニックを開設するとともに、首都圏において2つの診療所の運営支援を開始しました。


超高齢化の進行により、要介護高齢者が急増しています。また、がんの生涯罹患率も上昇、がんで亡くなる人も増え続けています。現在、日本では約8割の方が病院で亡くなっていますが、すでに病院での看取りは限界を迎えており、今後も続く死亡者の増加に対し、在宅での看取り体制の強化も急がれています。


首都圏をはじめ、都市部では在宅医療の提供体制は整いつつあります。しかし、いまだに在宅医療(在宅療養支援診療所)のない基礎自治体が約2割も存在します。これらの地域の多くは超高齢化が進み、在宅医療のニーズが非常に高いにも関わらず、同時に人口減少という課題を抱え、新規の医療機関の開設が期待しにくい状況でもあります。

悠翔会は、今後、これらの「在宅医療過疎地域」に積極的に診療拠点を開設、医師などの限られた医療資源を大都市部と共有しつつ、それぞれの地域の実情に応じた持続可能な在宅医療提供体制の実現を支援してまいります。


日本の地域医療のもう一つの課題は「一人開業医」が多いこと、そして開業医の高齢化です。

日本の在宅医療は、個々の開業医の責任感と自己犠牲で辛うじて成り立っているのが実情です。しかし、在宅医療に求められる24時間対応は、特に高齢医師にはハードルが高く、また医師一人では持続可能性の担保が困難です。

悠翔会は、地域医療を担う開業医の診療やクリニック運営をバックアップすることで、それぞれの地域の在宅医療提供体制の安定化をサポートします。また、長年、地域医療の拠点となってきた診療所の運営を支援・承継し、そこに在宅医療の機能を付加することで、高齢化に伴う地域ニーズの変化に応えてまいります。


【各クリニックの概要】


■沖縄県南風原町/くくるホームケアクリニック南風原

超高齢化と医療過疎化が同時に進行する沖縄本島の南部地域に24時間体制の在宅医療を提供するために開設。緩和ケア・精神科を含む常勤医師2名体制で診療を開始しています。開設から2週間で、すでに40名の患者支援を開始、2名を在宅でお看取りしています。


住所:〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町字宮平87

TEL:098-882-7250

FAX:098-882-7251

訪問エリア:南風原町・豊見城市・糸満市・八重瀬町・

南城市・与那原町・那覇市、浦添市・西原町の一部

診療開始:2021年5月1日

URL:http://www.yushoukai.jp/clinic/haebaru/


■神奈川県藤沢市/ココロまち診療所

総合診療医である片岡侑史院長が個人開業した在宅療養支援診療所。地域住民との交流を含め、理想的な運営が行われていたが、常勤医師1名であることから、持続可能性と診療の質を担保するため、基本理念を同じくする医療法人社団悠翔会のチーム在宅医療の一員として参加されることに。


住所:〒252-0821 神奈川県藤沢市用田2672

TEL:0466-77-9426

FAX:0466-54-9499

訪問エリア:藤沢市(北部)、綾瀬市(南部)

診療開始:2021年5月1日

URL:https://cocoromatch-clinic.org/


■千葉県流山市/悠翔会在宅クリニック流山

院長の高齢化に伴い、管理者の交代と外来診療の継続を行うとともに、患者の高齢化に合わせて在宅医療をスタートしたいというご要望をいただき、2021年5月より医療法人社団悠翔会にて運営を承継。外来診療を継続するとともに、24時間体制の在宅医療の提供を開始。


住所:〒270-0101 千葉県流山市東深井948

TEL:04-7168-0542

FAX:04-7168-0543

訪問エリア:流山市・野田市・柏市・松戸市

診療開始:2021年5月1日

URL:http://www.yushoukai.jp/clinic/nagareyama/




最新記事

すべて表示

2021/09/09

東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供開始のお知らせ(9月9日) 医療法人社団悠翔会は、東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供を担います。 東京とは、新型コロナの病床ひっ迫を改善するため、本日9月9日から、品川区の「船の科学館」敷地内に、医療機能を強化した宿泊療養施設を設置します。 この施設には新型コロナ患者を37人収容でき、血中酸素飽和度などが常時モニタリ

2021/09/06

記事掲載のお知らせ(「日経メディカル」9月6日) 2021年9月6日、日経メディカル「三和護が迫る『COVID-19の核心』」におきまして、「コロナ患者の往診に、1日で1600万円超の支援金」として、医療法人社団悠翔会が現在行っているクラウドファンディングをご紹介いただきました。 9月3日の開始から1日足らずで1600万円を超える支援金が集まったことについて、理事長・診療部長の佐々木淳の、「自宅療

2021/09/05

記事掲載のお知らせ(「アピタル」9月5日) 2021年9月5日、朝日新聞「アピタル」にて、「コロナ自宅療養者救え 在宅医療専門クリニックが資金集めて往診対応」が掲載されました。 医療法人社団悠翔会が9月3日に開始したクラウドファンディングでは、募集開始後すぐに目標額を達成しましたが、首都圏の各地域で、病院が逼迫した状況は当面続くでしょう。自宅療養を余儀なくされる人、特に入院ができない中等症以上の人