2021/05/30

政策提言公開(国際)シンポジウム開催のご報告

2021年5月30日、2018年度トヨタ財団国際助成プログラム「認知症に着目して『地域共生社会』を再定義する」の一環として、政策提言公開(国際)シンポジウムを開催いたしました。


日本と同じく高齢化が進む台湾とともに、汎用性の高い持続可能な「地域共生社会」の具体的モデルを提案し、そのモデルが実際に地域で機能するための支援について議論しました。


今回、トヨタ財団の日台の研究プロジェクトメンバー8名に加え、先進モデルを運営する、若き実践者たちに登壇していただきました。青山美千子さん(Community Nurse Company株式会社)、濱野将行さん(一般社団法人えんがお)、中林正太さん(Happy Care Life株式会社)、陳柔謙さん(耆樂股份有限公司)の4名です。以前から地域に存在したプラットフォームを、多世代の住民を巻き込みながら地域共生事業へと再構築していく20~30代の若者たちの柔軟さに、40代のプロジェクトメンバーたちも大きな刺激を受けました。


全員によるディスカッション終了後に政策提言の暫定案をまとめ、3時間半にわたるシンポジウムは終了しました。ご参加いただいた皆様、登壇者の皆様に心から感謝いたします。


シンポジウムの対談内容および政策提言は、トヨタ財団国際助成プログラムの研究プロジェクトの報告書と合わせて『認知症白書2021(仮)』として出版される予定です。





最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利