2021/06/22

動画配信のお知らせ(「リハノメ」)

PT・OT・STのための動画配信サービス「リハノメ」にて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講師を務める「新しい老年医学の考え方~よりよく生きるための医療~」前編・後編が公開されています。


デンマークで提唱された高齢者福祉の三原則「人生(生活)の継続」「自己決定の尊重」「残存機能(できること)の活用」は、日本の介護保険法にも反映されています。しかし、日本ではまず、本人ができないことのアセスメントを行うなど、三原則とは正反対のケアがされているのが現状です。


高齢者の尊厳を守り、よりよく生きられるようにするためのケアの基本として、体重と筋肉を守る食事や口腔ケア、社会とのつながりが高齢者の寿命にもっとも影響することなどを、前編・後編でそれぞれ2時間近くにわたり、詳しく説明しています。


会員登録が必要(有料)となりますが、ぜひご覧ください。

【前編】

https://www.gene-llc.jp/rehanome/contents/1a3e896c02e250c74d0ef4568af69cb39faeb8ae/?fbclid=IwAR0fxNnwIL_DR7vbCbyHCtXRhIHpevX7MHhejx0yScvDJfy6n5wuRuTlazY

【後編】

https://www.gene-llc.jp/rehanome/contents/eea1094b301f1ba43c752e9d80e26fc5839bf0de/?fbclid=IwAR1G9zW0zSG-FvFrpLB4Js3-ExiluqS7HDPLg8sgMk4WpaxvlBwkYY3FfSE

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利