2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ)

2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。

6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。


第2回目は、在宅医療の存在を知らない方にもわかりやすいように、「在宅医療」についてお話し致しました。

また、佐々木がどんな風に年をとりたいか、についても触れています。

ぜひお聞きください♪


ーーーーーー

■放送日時:2021年7月7日(水)21時~


■第2回テーマ:人生の自由度が増す、新しい人生の楽しみ方


■番組主催:オトナ思春期をデザインするプロジェクト(オトハル)

http://otoharu.com/


■番組タイトル:オトハルラジオ『三三五五』

https://stand.fm/channels/5f6e86eef04555115d629b3f


■アーカイブでも聴けます

<オトハルラジオ『三三五五』をはじめて聴く方へのお願い>

※これからの放送を確実に聴いていただくためには「stand.fm」のアプリのダウン

ロードし、「オトハル」チャンネルのフォローをお願いいたします。


【視聴方法】

1.アプリをダウンロードする

ラジオ配信アプリ「stand.fm(スタンドエフエム)」

https://stand.fm/

2.アプリ内で「オトハル」を検索し、フォローする

3.配信開始の通知があるので、クリックして視聴できます

注)アプリのダウンロードが出来ていなくても、PCからでも、ブラウザで視聴するこ

ともできます!

リアルタイムだけでなく、アーカイブも聞けるのでぜひアプリをダウンロードしてお待ちください。

アーカイブの視聴はこちらから

https://stand.fm/channels/5f6e86eef04555115d629b3f

ーーーーーーー


<全3回のテーマ>

●第1回(6月30日放送):高齢化社会の捉え方、変えてみませんか?

お聴き逃がしの方はアーカイブでお聴きください。

https://stand.fm/episodes/60d3c5bbefc85e0006865068

●第2回(7月7日放送):人生の自由度が増す、新しい人生の楽しみ方

●第3回(7月14日放送):日本発の在宅医療 世界からも学ぶ時代へ


第1回目放送後には以下のご感想を頂きました。

・在宅医療はドクターGO!がステキ

・みんなで太ろう!!(笑)

・発想変えるといいことにもっと出逢えそう。

・目からウロコ!

多くのご感想をありがとうございました!

第2回目放送後もみなさまのご感想を番組までお寄せいただけたら嬉しいです。









最新記事

すべて表示

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利

2021/07/01

記事掲載のお知らせ(『病院』7月号) 2021年7月1日発行『病院』7月号(医学書院発行)の特集「地域包括ケア時代における病院の在宅への関わり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した「在宅医療側から病院に期待したい在宅支援のあり方」が掲載されました。 在宅医療は病院の後方支援なしでは成り立ちません。悠翔会では現在、60を超える病院と協定書を取り交わし、安心感をもって